2017年05月24日

住宅ローン借換え後の方針

2013年7月からスタートした住宅ローン。

2017年3月末で住宅ローンの借換えを実行し、支払額は約2万円の軽減となりました。

さて、その浮いた2万円はどうしましょうか。


スポンサード リンク



結論は決まっていて、この2万円は繰上げ返済資金に充てます。

つまり、今まで140,000円を住宅ローン費用として返済後の残金+余裕金で毎月繰上げ返済をおこなっていたわけですが、今後もこの140,000円は変えないということです。


まあ、この1〜2年で夫は昇給しましたし、4月からは私が職場復帰して1馬力から再び2馬力になったので、居住費を削らなくても家計的には問題ないかなと。

可処分所得増加(昇給+住宅ローン軽減)による散在の方が、よっぽど怖いのです(笑)


前ローンはネットなら毎月1円から手数料無料で繰上げ返済ができたのですが、新ローンは10万円以上でないと手数料無料とならず。
140,000円から返済後の残金を毎月ストックしておけば、5カ月後には10万たまることになります。

10万ずつ繰上げ返済していくのか、ストックし続けて1年に1度の返済にするのかはまだ決めかねていますが、とにかく繰上げ返済をしていくという方針は変えません。


そして、目標は上の子(現在年長)が高校入学までに返済額が10万円を割り込むこと。
今の条件(3LDK〜4LDK程度、駐車場有、駅近、築浅)で賃貸アパートに住むことを考えたら10万ではなかなかないですので。

これ、シミュレーションしたのですが、毎月140,000円から返済後の残金だけでは足りないんですよね。
それだけの資金だと、金利が変わらなかった場合で上の子高校入学時に105,000円くらい。(惜しい!)
だからやっぱり何かしらやりくりして繰上げ返済資金を作る必要があります。


それでもまあ、やっぱり返済は計画的に。
無理して繰上げ返済を行ったばっかりに手持ち資金がなくなって別に借金をつくるようなことになったら本末転倒ですから。


さーて、新しいローンも頑張って返していきましょうかね〜!




お読みいただきありがとうござました!




スポンサード リンク
posted by モモ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


***サイト内検索***